快適さで選ぶ小田原の注文住宅 » 小田原で家を建てる時にチェックするポイント » 注文住宅を建てた人の感想を知る

注文住宅を建てた人の感想を知る

実際に建てたことのある人の話を参考にすることで、今の悩みがより具体的になると思います。

このページでは、punagiさんにご協力いただき、注文住宅を建てた際のこだわりやポイントを伺いました。是非家選びの参考にしてみてください。

注文住宅を建てた際のリアルな感想・心境をインタビューして聞きました

施工事例01

注文住宅を建てることになったきっかけは?タイミングは?

子どもが小学校に上がってから、家を買うとなると、引っ越しのために子どもの転校手続きなどが大変…と思い、就学前に引っ越せればと、1人目の子が年中さんのときに家を買うことを考えました。
ちょうど2人目の子どもが誕生し、アパートだと手狭だったこともあります。

情報を集める手段は何を利用しましたか?

まずは、住宅展示場に行ってみました。
また、当時は新聞をとっていたので、新聞折込のチラシもチェックしました。
どんな間取りにするか等は図書館で注文住宅に関する本を借りてたくさん読みました。

思い立ってから契約するまでにはどれくらいかかった?

半年くらいです。

契約をしてから家が建つまでどれくらいかかった?

半年くらいです。

マンションや建売ではなく注文住宅にした理由は?

マンションにしなかったのは、庭が欲しかったからと、子どもの立てる音で階下や隣家を気にしないですむように。
注文住宅にしたのは、天井の高い家に住みたくて、吹き抜けを実現したかったです。
建売りは見学したときに、皆同じような間取りに見えたのと、注文と値段が同じくらいの家でも建具等のグレードが低いような気がしたのでやめました。

施工事例02

土地探し選びはどのように行った?(自分で、不動産屋で、住宅メーカーで)

住みたい地域の候補と予算とを合わせて住宅メーカーに相談し、探していただきました。

土地探し選びの際の条件・気を付けたことは?

子どもを通わせたい小学校区であること(荒れていない・生徒数が多すぎない・少なすぎない)。
金額が予算内であること。

家の広さはどれくらい?間取りは?

1階床面積57.97m2
2階床面積48.44m2
延床面積106.41m2
4LDK(うちひとつ和室)

最終的に家を建てる会社を選んだポイントは?

金額と、工務店の社長以下社員さんの人柄です。

家を建てた会社はどうやって知った?

新聞折り込みチラシ

注文住宅会社との打ち合わせの回数は?頻度は?

週1回程度。6~8回ほどだった思います。

注文住宅を建てる際にこだわったところとその理由は?

台所からカウンターごしにリビングを一望できるように、また皆が見ているTVがキッチンからも見られるようにしたこと。
(台所仕事をしながらも、一緒に会話できるように)
コンセント差し込み口を少し高めに付けてもらったこと。(はいはいの赤ちゃんが舐めたりしないように)
以前住んでいたアパートの良い点を注文住宅に反映させるようにしました。吹き抜け(メゾネットだったので)や室内の洗濯干しなど。

施工事例03

注文住宅を建てる際にこだわらなかったところとその理由は?

外構です。予算以上に外構にお金がかかることを知ったので。

工事中にどれくらい現場に行った?

2回ほど

住宅ローン金利は変動金利と固定金利はどちらにした?理由は?

固定金利にしました。安定した返済計画ができるから。

最初の金額と最終的な金額ではどれくらい差があった?差があった場合の理由は?

差は無いです。明朗会計だったと思います。

住んでみて後悔や失敗した点、こうしておけばよかった点は?

隣家との空間をもっと取れば良かったです。文句を言われたりすることはないですが、近すぎて申し訳ない…とずっと思っています。
シンボルツリーを植えた場所・井戸の設置場所を敷地の境界近くにしすぎました。枝落としなどが大変です。
電気のスイッチはもっと動線を考えるべきでした。階段等は三叉スイッチですが、短い距離の廊下でも三叉スイッチにしたら良かったと後悔しています。
西日を嫌いすぎて、リビングの窓を小さめにしてしまったので、電気をつけないと家が暗いです。
吹き抜けの壁やシーリングファン、電灯にホコリがつくのですが、高所を掃除しやすいような設計にすればよかったです。

住んでみて意外と良かった点、成功した点は?

キッチンを広くとって良かったです。標準仕様のシステムキッチンのほかに、個人で購入した業務用ステンレスの置き棚も置いたので、使い勝手が良いです。
脱衣場も広くとったのが成功しました。広いおかげで洗った猫を拭いたりするのも苦でないし、住んでから「ここに脱いだ服を一時置けたら便利かな」というところにDIYで棚を付けたりできています。

家の中で気に入っている部分は?

吹き抜け天井!圧迫感が無くて気に入っています。夫は背が高いので、なおさらではないでしょうか。
納戸。季節のものを入れられて便利です。

これから注文住宅を建てようと考えている方へメッセージ

図書館に行くと注文住宅を建てるためのアドバイスの本がたくさんあるので、いろいろ読んでみて、デザインだけでなく間取りや水廻りの配置について「こういうのもあるのか」とアイデアをストックすると良いと思います。
ただ、ひとつの本のアドバイスを鵜呑みにするのは危険なのでストックを集めたうえで自分で選択することが大切だと思います。

小田原の注文住宅
自然素材に強い会社3選

小田原で快適に暮らせる
注文住宅を建てるならココ!

快適に暮らすためには、冬は暖かく、夏は涼しい「高気密・高断熱」、健康的に暮らすための「シックハウス対策」は絶対条件!年間を通して湿度が高い小田原では「湿気対策」も外せません。そこで、3つの快適性能を満たす標準仕様が最も多かった大手ハウスメーカーと地元密着型の工務店を比較してみました!

工務店
森下工務店
標準仕様
6項目
  • 高断熱
  • 断熱窓
  • シックハウス対策(壁)
  • シックハウス対策(床)
  • 調湿材(壁)
  • 調湿材(床)

公式HPで詳細
を見てみる

電話で
問い合わせる

ハウスメーカー
一条工務店
標準仕様
4項目
  • 高断熱
  • 断熱窓
  • シックハウス対策(床)
  • 空調
    システム

公式HPで詳細
を見てみる

電話で
問い合わせる

快適な暮らしは
性能で選ぶ!

イメージ

一年中湿度が少し高い地域であるものの基本的には住みやすい小田原。住みやすい土地で、さらに快適に暮らしたいと願うご家族のために、快適性能の標準仕様が最も多かった大手ハウスメーカーと地元密着型工務店を比較しました。