快適さで選ぶ小田原の注文住宅 » 【特集】家を建てる時に注目したい性能

【特集】家を建てる時に注目したい性能

人生の一大イベント、「家」を建てる。ずっと住む家であれば、ずっと快適に暮らせる家であって欲しいですよね。

それでは、快適に暮らせる家を建てるために重視するべき性能にはどんなものがあるのでしょうか?

そこで、このページでは、快適性能で注目すべきポイントを3つピックアップしました。小田原という地域性も踏まえてまとめていますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

冬暖かく・夏涼しい、高気密・高断熱の家

一軒家だと、特に冬寒いイメージがありますが、外気の影響をできるだけ受けないように高い気密性を持ち、室内の熱や冷気を逃がさないように高い断熱性を備えている家であれば、冬は暖かい暮らしが実現。

夏も同じで、外気の影響を受けづらいので、夏も涼しく暮らすことができます。

ただし、気密性・断熱性にばかり目を向けてしまうと、冬は暖かいものの夏が暑くなり過ぎてしまうケースもあるので、換気や通気、遮光も考慮して、家づくりをする必要があります。

断熱対策でチェックしたい性能

  • 外断熱
  • 内断熱
  • W断熱
  • 断熱サッシ
  • 断熱ガラス

健康的に暮らせる家

化学物質に起因するシックハウス症候群や、カビやダニなどに起因するアレルギーなど、せっかくの夢の家も、家族の健康を脅かすようであれば本末転倒です。

シックハウスの対策として、2003年には国が法改定をおこないましたが、依然、シックハウスの相談件数は増加傾向に。

シックハウス症候群の原因物質として有名な「ホルムアルデヒド」はフローリングやクロス、壁材、壁紙の接着材に含まれています。

自然素材を使う場合でも、結露対策を怠るとカビの発生に。健康的に暮らせる家の性能をチェックする場合は、素材と工法の両面から見ることがポイントです。

健康対策でチェックしたい性能

  • 無垢材
  • F☆☆☆☆
  • 自然素材(セルロースファイバー、塗料)

湿気知らずの家

年中湿度が高いと言われている小田原に家を建てるのなら、特にチェックしておきたい性能です。

まず、大前提として防水対策をしっかりとして水の浸入を防ぐつくりであるということ。

ただし、それだけでは十分ではありません。外からの水は防げたとしても、日々私たちが使用する
お風呂やキッチンなど、生活から発生する湿気は、外に逃がす必要があります。

空調システムで除湿をする方法や適度な湿度を保ち、不必要な湿気は外に逃がす素材で「調湿」する方法、いずれかを備えていることが大事です。

また、冬場など、外気との温度差によって発生する結露水対策も十分になされているかも確認しておくとよいでしょう。

湿気対策でチェックしたい性能

  • 空調設備
  • 調湿壁
  • 調湿床
小田原で快適に暮らせる
注文住宅を建てるならココ!

快適に暮らすためには、冬は暖かく、夏は涼しい「高気密・高断熱」、健康的に暮らすための「シックハウス対策」は絶対条件!年間を通して湿度が高い小田原では「湿気対策」も外せません。そこで、3つの快適性能を満たす標準仕様が最も多かった大手ハウスメーカーと地元密着型の工務店を比較してみました!

工務店
森下工務店
標準仕様
6項目
  • 高断熱
  • 断熱窓
  • シックハウス対策(壁)
  • シックハウス対策(床)
  • 調湿材(壁)
  • 調湿材(床)

公式HPで詳細
を見てみる

電話で
問い合わせる

ハウスメーカー
一条工務店
標準仕様
4項目
  • 高断熱
  • 断熱窓
  • シックハウス対策(床)
  • 空調
    システム

公式HPで詳細
を見てみる

電話で
問い合わせる

快適な暮らしは
性能で選ぶ!

イメージ

一年中湿度が少し高い地域であるものの基本的には住みやすい小田原。住みやすい土地で、さらに快適に暮らしたいと願うご家族のために、快適性能の標準仕様が最も多かった大手ハウスメーカーと地元密着型工務店を比較しました。