家族の笑顔を守れる!小田原のおすすめ注文住宅会社ナビ » 【特集】家を建てる時に注目したい性能 » 高気密・高断熱の家

高気密・高断熱の家

断熱対策で注目すべき点

冬暖かく過ごせるのは当然だが、夏が熱くなったりしないか?

断熱対策をするということは、外気の影響をできるだけ受けないようにしつつ、室内の熱や冷気を逃がさないようにするのがポイント。それもあって、断熱性能と気密性能の強化はセットになっています。

単に高気密・高断熱にしてしまうと、冬は暖かいものの夏が暑くなり過ぎてしまうので、今どきの注文住宅なら換気や通気、遮光も考慮して、夏涼しく過ごせる家も珍しくありません。

断熱対策の断熱以外のメリット

高気密・高断熱の家であれば、そうでない家に比べて冷暖房設備に使う光熱費が節約できます。密閉性が高い分、エアコンの電気代抑制など省エネに役立つわけです。

また、換気システムなどを採用していれば、屋内全体での温度差を小さくでき、ヒートショック対策につながります。

断熱対策にはどのようなものがあるか

外断熱

家の柱や梁の外側に断熱材を張り付ける方法。ボードで建物全体を囲う形になるため、外張り断熱とも呼ばれ、気密性の高い断熱が可能となります。近年、高気密・高断熱を売りにする住宅商品では外断熱が主流です。

内断熱

内壁と外壁の間に断熱材を充填する方法。柱部分は断熱材がないため、気密性では外断熱より劣ります。従来的な日本住宅の断熱対策として主流だった工法です。

一般的な断熱材

断熱材は繊維系と発泡プラスチック系に分類され、繊維系はさらに無機繊維系と天然繊維系に分類されます。無機繊維系のグラスウールやロックウールは価格が安く施工しやすいため、よく使われています。

自然素材の断熱材(セルロースファイバーなど)

繊維系でもグラスウールやロックウールと違って、セルロースファイバーは天然繊維由来。新聞古紙を再利用したもので、価格は高めになるものの調湿・防音性能なども優れていて、シックハウス対策にもつながります。

W断熱

外断熱と内断熱の両方を採用することでより高い断熱性能を確保する方法。断熱ボードで建物全体を覆いつつ、外壁と内壁の間に断熱材を充填してダブルで断熱対策を施します。

断熱サッシ

一般的なサッシはアルミでできていますが、アルミは熱伝導率が高いのがネック。断熱サッシと呼ばれるものは、樹脂や木材など熱伝導率が低い素材をサッシに使うことで、断熱性能を高めています。

断熱ガラス

ガラスを複層化して、その間に中空層を設けることで外部から内部、内部から外部への熱移動を抑制するのに役立ちます。

まとめ

断熱対策も注文住宅メーカーによっては上で紹介したようなW断熱や断熱サッシ・ガラスなどが標準仕様になっているところもあります。

ただ、小田原は一年を通して温暖な気候で、年間の平均最低気温も10度以上です。過度に断熱を気にする必要はないかもしれません。

※参照元:気象庁(http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_amd_ym.php?prec_no=46&block_no=1008&year=&month=&day=&elm=normal&view=

小田原で長く安心して過ごせる注文住宅を建てるなら、注目したいのは耐震性。その点をクリアしつつ、断熱性もつけられるとベストでしょう。

THREE SELECTIONS
                       

家族を地震から守り続ける
小田原でおすすめ
の注文住宅会社3選

一生に一度の大きな買い物である注文住宅。長く家族が安心して暮らせる住まいの実現には、地震への対策がポイントです

小田原の家づくりに対応し、制震ダンパーを備えることで、くり返し起こる地震に強く、坪単価もリーズナブルなおすすめ3社を紹介します。

選べるプラン
我が家にぴったりな暮らし

マイトレジャー

マイトレジャーの施行イメージ

画像引用元:マイトレジャー
(https://mytre.jp/works/472/)

坪単価
45万円~
建築家との設計
アイデア豊富な住まい

ビクトリーホーム

ビクトリーホームの施行イメージ

画像引用元:ビクトリーホーム
(https://victory-gp.jp/works/post-1377/)

坪単価
50万円~
2×4工法
耐久性のある住宅

マルビシ

マルビシの施行イメージ

画像引用元:マルビシ
(http://www.marubishi-2x4.co.jp/no-a-155 川崎市宮前区/)

坪単価
53万円~
               

※参考費用は公式サイト・SUUMOより調査(2021年4月時点)
※小田原エリアの施工に対応しており、制震ダンパーを採用している住宅会社の中から、坪単価の安い順に3社をピックアップしています。